Sports Analytics LabPowered by SPLYZA Inc.


第98回全国高校サッカー選手権大会スタッツレポート 準決勝:青森山田 vs 帝京長岡

2020.01.17 written by Gaku Morita(SPLYZA Inc.)

※この記事はSPLYZA Teamsのタグ付け機能から割り出されたデータをもとに構成されています。

スタッツレポート:青森山田 vs 帝京長岡

















以上は、SPLYZATeamsを使って、前進するプレー(ロングパス、タテパス、ドリブル、クロス、シュート)と、プレーが起きた位置、プレイヤーにタグをつけ、その集計結果を使って作成されたレポートです。(セットプレーやクリアボールなど、味方に通す意図が汲み取れないプレーは集計されていません)

マッチレビュー:試合展開と青森山田の戦い方




青森山田が前半2得点でリードし、後半は帝京長岡が猛攻を仕掛け、1点を返したものの追いつくことができずに青森山田の勝利に終わった試合でした。




青森山田はシンプルにプレーしていましたが、相手陣地1/3での30.0%と比較的高い位置でプレーしていたことがわかります。

★PICK UP:青森山田データ




青森山田のロングパスは5番の藤原選手、タテパス、ドリブルは6番の古宿選手、クロスは10番の武田選手、シュートは7番の松木選手が多かったです。中央に位置する選手が積極的に前進するプレーを行っていました。特に古宿選手は攻撃のキーマンだったと言えそうです。




この試合は6番の古宿選手が最も多く前進するプレーに関わっていました。10番の武田選手も多く前進するプレーに関わっており、攻撃は両サイドから行われいたことも分かります。10番の武田選手はこの試合比較的サイドに流れてプレーしていたと考えられます。

★前回大会との比較

<※前回大会参考記事>
→第97回全国高校サッカー選手権大会:スタッツから見るベスト8チームの特徴
 https://www.sportsanalyticslab.com/column/best8-stats.html



この試合、青森山田はボール非保持でハイプレスのスタイルで戦っていたと言えます。帝京長岡はボールを保持のスタイルで攻撃を仕掛けていました。青森山田は、準々決勝に続いて。ボール非保持でハイプレスのスタイルで戦っていました。前半は2得点できたものの、後半は1点返されたことからハイプレスを継続するのはフィジカル的に厳しい部分があったのかもしれません。ただ、青森山田はしっかりと守備を行い、少ないチャンスを得点につなげる技術の高さ見せてくれた試合でした。


【第98回全国高校サッカー選手権大会マッチレポート関連記事】
第98回大会:スタッツから見るベスト8チームの特徴
決勝:静岡学園 vs 青森山田
準決勝:静岡学園 vs 矢板中央
準決勝:青森山田 vs 帝京長岡
準々決勝:矢板中央 vs 四日市中央工
準々決勝:徳島市立 vs 静岡学園
準々決勝:昌平 vs 青森山田
準々決勝:帝京長岡 vs 仙台育英

プロフィール:森田岳 (Gaku Morita) エバンジェリスト/アナリスト

自動車業界出身で社会人サッカーチームの運営/監督/選手経験を持つ。サッカーに関するスタッツ・客観的なデータをこよなく愛し、戦術ボードアプリ「Tactical Board」の開発者でもある。尊敬する指導者はマヌエル・ペジェグリーニ。

Twitter

おすすめの分析入門記事

よく読まれている記事

facebook

twitter